住宅

屋根修理で雨漏りを防ぐことができる〜住宅を守り隊〜

素材を確かめる

男性作業員

雨漏りや水漏れが発生するのは、屋根だけではありません。ですから雨漏り修理も、屋根だけに行う修理ではないのです。この被害は屋根の他にも、建物の「外壁」に起きます。雨漏りと聞くと、一般的には天井から水漏れが起きる様子をイメージするでしょう。しかし、この被害は上記で述べたように壁からも起きるのです。外壁が原因となっている場合も、屋根と同様に外壁の老朽化が疑えます。外壁は老朽化が進むと、クラックや塗装落ちがおきます。クラックとはヒビの事であり、コンクリート全てに存在しているといってもいいでしょう。このクラックは、初めはコンクリートが固まる際におきる小さなヒビとなっています。しかし、年月が経つに連れてどんどんヒビのサイズが大きくなるのです。このようなヒビが外壁に合われると、そこから雨水が侵入してきます。そして、雨漏り被害となるのです。そして、外壁に塗られている塗装ですが、これはたただんに目見た目を良くする為のものではありません。この塗装もまた、外壁を雨水から守ってくれる役目を果たしているのです。雨漏り修理は、これらの点からも外壁に行う事もあります。その修理として、ヒビや外壁の膨ら身を修繕したりして下地をしっかりと整えて外壁塗装を行う事もあります。また、外壁タイプがサイディングの場合は、ボードとボードの隙間にあるシーリングの修繕も行います。壁を治すことにより雨漏りが劇的に少なくなったという人は屋根塗装の選び方を把握しておくことも大切です。